浮かれポンチ、ハンミュを観る

主に観たハンミュ(韓国ミュージカル)のレビュー置き場。

위키드 / ウィキッドで、狐に?いやエルフィに?つままれる

 

 

★★★★★

・2016年7月31日(日)14:00
・芸術の殿堂
・エルファバ:박혜나(パク・ヘナ)
  グリンダ:아이비(アイビー)
  フィエロ:민우혁(ミン・ウヒョク)

 



?どちらのエルファバも素晴らしいことでしょう

さすがはウィキッド、安定の完成度。見るの初めてだけど。
それは俳優陣も、セットも衣装も。さすが「芸術の殿堂」でやるだけある!まぁセットや衣装は、ブロードウェイ版に忠実でなきゃいけないんだろうから、ここはやはり俳優陣のクォリティの高さを讃えるべきだろうか。

本作、レベッカダンバーズ夫人をやっていて、すげえ‼︎となったチャ・ジヨンエルファバを見に行ったのが8割方(仲間うちで彼女はうりダンバーズ、略してうりだんと呼ばれている)。
確かに大迫力の歌声で、Defying GravityやNo Good Deedは期待通り圧巻の一言。The Wizard and IやFor Goodも、ここまで歌い上げるモンだったのか‼︎と大迫力のエルフィ。
それ以外の演技も細やかで、「うりだん、ちょっと顎周りふっくらした?彼女、すごいシャープなフェイスラインだった印象だけど…」とオペラグラスを覗いて思った以外は、いやーやっぱりうりだんはエルフィにぴったりだったわ!今回もいいもの見た〜と余韻に浸りつつ、本日のキャスト画像を見直す帰国の機内。


そこにはまさかの光景が。




ん…?このエルファバは…


うりだんでは…


ない…?!

 

 



え?え?

 


エルファバの姿で、こちらに手を差し出して笑っているあなたは、もしかして…

 



f:id:oucalaisponti:20161207143715j:plain
パクヘナさん?!


状況が飲み込めず、かと言って機内では情報収集する術もなく、そわそわ。気が気でない帰国便。
東京に着いてすぐ調べたら、あったあった、お知らせが出ておりました。



「うりだん、風邪で2日間休みます」



ひぃ!



それで代打パクヘナさんだったのね…



そりゃフェイスライン違うわけだ…(そこ


しかし、なぜキャスト表写メった時に気づかなかったんだ…


そりゃ撮って満足してたからだ…


でもでも、前述の通りヘナエルフィも本当に良かったし、いつか見たい女優さんでもあったので、その点では全く残念ではなく、むしろいい俳優をまた一人多く見れたな、と思えたのでした。

うりだんはその後快復したのかしら。お大事に!

 


?ハンミュ3Kのフィエロ

私のハートを射止めるのに必要十分な三つの条件、3K。
それはすなわち、高身長・筋肉・歌唱力。この三つが揃えば大体カッコよく見えるのは、私だけではないはず。顔は後からいくらでもry

そんな中、フィエロ役のミン・ウヒョク氏は、服の上からでも分かるくらいの美ボディ。美ボディすぎて、とりあえず脱いでほしかった。
みんな、登場シーンのフィエロの衣装(赤ベスト×ベージュパンツ)がムチムチすぎとか言ってたけど、ムキムキによるムチムチだったら、私は大歓迎ですありがとう!ムチムチというよりはパツパツって言うのかな。太ももとか特にね。

ミュージカル歴はそんなに長くないみたいだけど(元野球選手だとか)、歌も安定しててうまかったし、好青年系イケメンだし、何よりナイスバディ。ベニー(ハンミュ3Kの真骨頂)のように「ズキューーン?‼︎」ではないものの、本作では一番注目し、今後も機会があれば鑑賞したいかなと思った俳優。というか脱いでほry

と筋肉愛好家発言を繰り返していたら、その声が天に届いたのか、ウヒョク氏、11月からアイーダに出るらしい。私はアイーダよく知らないんだけど、ラダメスは脱ぎシーンがよくあるんだって!こりゃ見に行くしかないわ。だって役の上で脱ぐとなれば、絶対さらに磨きをかけるでしょ!
私ったら、いつの間にこんな善行を積んだのかしら。フィエロでは好青年系だったけど、ラダメスではオトナの色気もぜひ、演出していただきたいわ。

 


以上!