読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮かれポンチ、ハンミュを観る

主に観たハンミュ(韓国ミュージカル)のレビュー置き場。

씨왓아이워너씨/See What I Wanna Seeは至近距離で見たい俳優が見れる!

韓国ミュージカル チェ・ジェリム

 

 

 

★★★★☆


・2016年10月26日(水)20時
・ホンデアートセンター
・盛遠/夫/会計士:최수형(チェ・スヒョン)
   袈裟/妻/女優:문혜원(ムン・ヘウォン)
   強盗/記者:최재림(チェ・ジェリム)
   警備員/神父:이준혁(イ・ジュンヒョク)
   霊媒師/叔母:조진아(チョ・ジナ)

 

f:id:oucalaisponti:20161223215155j:image

 

 

👁客も俳優も面白いフォーメーションをするよ!

 

何と言っても本作、まず特筆すべきは舞台が三角形。舞台の各辺を

   C
A▽B

とすると、辺C側にオケピがあり、辺Aと辺Bに客席。Cの両端に客席の出入り口があって、そこから俳優も出入りするという珍しいスタイル(というかそこ以外に出入り口がない)。


AとBの両方が正面で、俳優やセットはあっち向いたりこっち向いたりする。でも元々人の動きと入れ替わりが激しい作品だから、不自然ではない。むしろ360°舞台を使い切ってて新鮮!
舞台が三角形だから、俳優のフォーメーションも線対称だったり点対称だったり。夫から見た、妻とジェリムがいちゃいちゃしてるシーンが幾何フォーメーションでかっこよかった。ていうかこの三人のシーン大体かっこ良かったな!一人ずつ一頂点に立って展開するBig moneyとかも。

 

それと各頂点には出番じゃない俳優が椅子に座って待機するから、席が端っこになっても「きゃ!俳優さんが目の前に座ってるわ!」というのが味わえちゃう。その距離1m以内。

 

私はB側に座ってたけど、Bの方が若干正面になることが多かったかも。ジェリムが人妻の靴にキスするところも見えます(いらん情報

 

あと客席のこの配置、V字の向こう側の客席がほぼ正面から見えるから、客席がどんな風に見えてるかが見れて面白い。要は光が結構届いてても、客はどんぐりの背比べに見えてるのね。

 

f:id:oucalaisponti:20161223220148j:image

 

三角舞台の各頂点の上には画面が吊るしてあって、それが各々の場面に合った画像や動画を映し出してる。例えば袈裟と盛遠のシーンだったら月夜(それも三つの画面で月は常に一つという凝りっぷり)、夫妻と強盗のシーンは怪しい木立、神父のシーンなら天使の彫刻、などなど。セットがほぼ椅子と机のみだから、画面が背景の代わりなのね。


二幕で各キャラがそれぞれ歌う時には、その役を演じてる俳優の苦悩映像が流れる。キャストは都度変わるから、その日流れる俳優の映像も差し替えてるってことだよね。芸が細かいのう。


あとは記者が公園でリポートする時は、手持ちのカメラを画面に繋いで、本当に「中継」してたり。ただでさえ近い俳優さんたちの顔が、どアップで見られます。

 

f:id:oucalaisponti:20161223215756j:image

 


👁袈裟と盛遠とスクッといそいそ

 

この画面がずっと何かを映し出してるから、完全な暗転というのはなくて、シーン間の移動は丸見え。


だから場面転換もそれなりに考えられてて、大体カッコよく移動出来てるんだけど、さすがに死んだ人が生き返るのが見えるのには笑ったw

 

例えば各幕冒頭の袈裟と盛遠のシーン。
曲の最後で向かい合ったと思ったら、いきなりバッ!と二人同時に着物を脱ぎ捨てる(いわゆる露出狂のあの動き)
→互いに駆け寄り刺し違える瞬間暗転
→暗い中スクッ
→脱いだ服拾う
→いそいそと退場w
または一幕で三回も死ぬ夫も、その度にスクッ→いそいそしてた。まぁ死んだシーンの後がそうなるのも仕方ないけどね笑

 

f:id:oucalaisponti:20161223215855j:image

 

そんな夫を演じたチェ・スヒョン氏、意外にも今回初めて!こんなに仲間内で話題になってたのに笑 顔濃くて体も大きいから、夫役でおしゃれスーツをキメてた時はカッコよかった!タクシー会社社長とは思えない程度には!すぐに縛られて惨めな感じになっちゃうんだけどね!
あと盛遠の時も、あのぺちゃっとした謎のハーフアップカツラは見逃すとして、脱いだ瞬間すごいむきむき☆一瞬しか見えないのが惜しいわ。暗転後も暗闇で頑張って目を凝らしちゃったじゃないのよ。

 

ていうか!袈裟と盛遠のシーン!の、袈裟!
着物の襟が逆!女性も左が前だよう!
お隣の国なんだし、そこんとこよろしく!

 

そんな袈裟役のムンへウォンさん、絶対どこかで見たことがある気がするんだけど…でも出演歴見たら何も被ってなかったのよね。動画かな、過去のヘドウィグとかの。
そしてイツァーク経験者なだけあって、演技も歌もすごくうまかった!どのキャラのどの歌も完成されてて、ベテラン感があった。妻が夫を罵しる曲とか、よくこんなに吐き捨てるように発話(?)しながら、正確に歌えるなと。
一幕の赤いドレス姿もセクシーだったけど、女優役でスポーツウェア姿見てびっくりしたのは、腹がバキッている!やはり女優さんはトレーニングを欠かさないのね〜私もがむばるわ。

 

f:id:oucalaisponti:20161223215944j:image

 

 

👁その他コメンツ&ツッコミ

 

二、三の小作品をさくっと見るようにも楽しめるし、真実やら偽りやらを見出して哲学的に見ることもできるミュージカル。

 

各キャラが同じくらいの重さだから、好きな俳優・気になる俳優が複数出てる人には堪らないと思う!実際私もジェリム氏とチェ・スヒョン氏が見たくて選んだし。ペクヒョンフンとカンピルソクも見たかったけどなー。

 

そして「藪の中」や「袈裟と盛遠」を読んでみるいい機会になった。「竜」は読むタイミング逃した。いつか読む。

 

 

以上!