読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮かれポンチ、ハンミュを観る

主に観たハンミュ(韓国ミュージカル)のレビュー置き場。

シャウトから(独唱)まで!歌うまKINGチェ・ジェリムコンサート

チェ・ジェリム 韓国ミュージカル エアポート・ベイビー ネクスト・トゥ・ノーマル ノートルダム・ド・パリ

 

 

★★★★★
・2016年4月3日(日) 12時
・東京FMホール

 

Traaaaaack liiiiiiist
1.JCS Ouverture        (ジーザス・クライスト・スーパースター
2.Heaven in their minds (同上)
3.Damned for all time/ Blood money (同上)
4.Lune           (ノートルダム・ド・パリ
5.Bring him home      (レ・ミザラブル)
6.It all fades away but you  (マディソン郡の橋
7.No heaven for me     (エアポート・ベイビー)
8.I'm alive        (ネクスト・トゥ・ノーマル)
9.Immortal         (エドガー・アラン・ポー
10.To where you are
11.My way
12.Everything's alright  (ジーザス)
13.Gethsemane     (同上)
14.Superstar     (同上)
15.さくら(独唱)

 

 

ジェリム氏がジーザスに出てたのがハンミュにハマる前だったので、見られなかったのがほんとーに残念だったんだけど、期待通りジーザス多めで大満足。というか聞きたかった曲は全部歌ってくれた。

しかしまぁ、ジェリム氏の喉の強いこと強いこと。「喉が強い」って具体的に何がどうなってる状態なのかよくわかってないけど、声の太さと声量が並大抵でない。韓国のミュージカル俳優の中でも上の方なんじゃないかな。
それでいて音の高低を問わない安定感。ハンミュ界で量産されてる「美男子」に比べれば顔はアレだけど、背が高くてこれだけ歌がうまければ十分かっこいい。あとこれはdetailだけど首長い。笑

 

1. Ouverture
このオープニング聞いた時点で、あ、これミュージカルと一緒で絶対Heaven in their mindsしょっぱなから来るなと確信。

 

2. Heaven in their minds
ほらーーーー!(どや  そしてわーーーい!!
このMVでのうまさかっこよさで一時期はジェリム氏にホの字だったからな。しかもMVよりも躍動感、疾走感あり。低いところ高いところを駆け回って、最初からそんなにかっ飛ばしちゃっていいの?!という。
一番声がかっこよくて一番好きな 피 흘려 고통 받는 우리를も、聞き慣れてる通りに歌ってくれて嬉しかった。

 

4. Lune
ずっとノートルダムやったことあるのかと思ってたけど、なかったんだ!そしてやりたいんだ!!
男性の役は一通り受けたって言ってたけど(フェビュスだけ挙げてなかったのは偶々か否か笑)彼がやるなら、グランゴワールかクロパンが声や風貌が合ってるかなぁ。フロロにはまだ若いし、カジモドはあの身長でやったらヘルニアになりそう(そこ
でもグランゴワールもクロパンもあの中では端役だから、ジェリム氏にはちょっともったいなぁ。と思ったらマイケル・リーとか思いっきりキャスティングされてるか。ハンミュ界は俳優の層が厚いからグランゴワールも端役でなくなるのか、そもそも端役だと思ってるのは私だけなのか。
あとはジェリム氏のLune, 全然悪くないというか、素敵だったんだけど、最初ちょっと声低すぎやせん?聞き慣れてるフランス語版だと最初の"Lune"って入りは、「月よ、ちょっと聞いておくれ」って、詩人が恋人に語りかけるように優しいんだけど、ジェリム氏はそこが低すぎて「月を召喚する闇の帝王」みたいになってるんだよね。もしもグランゴワールやることになったら、そこは恋する月夜の詩人になってほしいわん。

 

6. It all fades away but you
この歌はフォークソング風だから、作品もあまり好みではないかなー韓国版できたとしても見なくてもいいかなーと、コンサートで聞いた時点では思っていたんだけど。
マディソン郡の橋」自体このコンサートで知って、その後たまたま機内で映画を見たんだが、当時ヒットしたのに納得、すごくいい映画だった。ミュージカルはどんな風になってるのかはわからないけど、一転して見てみたくなった!ジェリム氏が出るなら余計。
一つ気になるとしたら、映画では主人公の男女はかなり中年だったんだけど、ミュージカルはそうでもないのかな。ハンミュ界はオトナ層が厚いから、中年になるのはもっとずっと先だぞ。

 

9. Immortal
こんなに早く公開しちゃっていいの?って思ったけど、宣伝にもなるしいいのかな。
ポー役に決まったって話してたときガッツポーズしてた。ジェリム氏でも普通にオーディションたくさん落ちるなんて、やっぱり厳しい世界だな。

 

11. My way
この曲はメロディーが感動的に盛り上がっていって嫌いではないんだけど、歌詞聞く度に何、死ぬの?って思っちゃう。低くて太い声がすごく合ってたけど、聞き惚れてるとやっぱり、何死ぬの?って。引退間際のご老人じゃなければ、どういう心境で歌ってるのかがつかめない曲よね。

 

12. Everything's alright
師匠のパク・カリーン女史とのデュエット。二人で歌うって言うから、この年齢差と師弟という関係でラブソング歌われたらどうしようかと思ったけど、この選曲で大正解。うまくジーザスの流れでね。
しかしパクカリンさん&ジェリム氏の組み合わせだと、マリアはマグダラのマリアではなく、イエスの母の方に見えるw

でもどちらの声もすごくこの曲に合ってて、癒し系マリアと激おこユダのコントラストがうまく出てた。やっぱユダはジェリム氏の声の太さと声量がよく似合う。

 

13. Gethsemane
最後の最後まで出てこなかったから、もしかして歌わないのかなーと残念になってきたところに、キター!このラインナップならそうだよね、トリ級扱いだよね。
この曲は私の中でいくつかクリアしてほしいポイントがあるんだけど、さすがは実力者ジェリム氏。1個目のWhyyyyyyyyyyy should I die? のシャウトは予想通り楽々クリア。
2個目は終盤See how I die。白人版(雑)の映像を見ると、2回目のSee how I die はポーンと高音域に飛ばしてる(何ていうの?裏声とは違う気がする。ファルセット?シャウト?)上に、dieの部分をダアァーーーーーーーーーーーイッ!!!ってびよ~んと何拍も伸ばしていて、そこがこの曲、いやこのミュージカルの見せ場の一つになってると思うんだけども。それをマイケル・リーもパク・ウンテもMVでやってなかったので、今回の韓国版ではやらない方針なのかなー、と思っていた。実際にジェリム氏の練習風景がちらっと映されていたインスタ動画でもこの部分は地声だったし。

でもでもでも!!コンサートではちゃんとポーンした上にびよ~んしてた!感激!やっぱジェリムすごい!!
いやー今回はこのポーン&びよ~んを聞けただけでも大満足。本当にちょっとだけ欲を言えば、びよ~んをあともう2拍くらい!白人版(だから雑)と同じくらい!伸ばしてほしかったっ。次回に期待(いつ…

 

14.JCS
やっぱりシメはこれだよね!みんな立ち上がって手拍子。客席にまで降りてきてくれて、終始ノリノリでした。

観客はほとんどおばさまだったのに(あ、すごいな〜。やはり皆さん韓国の劇場に慣れてるから、盛り上がり方も日本人の観客とは少し違うんだと思う。あの盛り上がって声出して、ぴょんぴょん跳ねるくらいの感じがいいよね〜ストレス解消にもなって。

 

15.さくら(独唱)
今回日本語でも歌うんだろうなと思ってたけど、アンコールでやっと来たのね。まぁ私は日本語の歌って少しアレルギーがあるから、全然それで良かったんだけども。
マイクなしの生歌、演奏もアコギのみ。この曲特別好きってわけじゃないけど、会場前の満開の桜を見て入ってきたから、季節にぴったりの良い選曲だなと思った。

 

番外編.握手会
終演後、突然の握手会!舞台上で立つジェリム氏のところに、前の席の人からお行儀よく並んで握手してもらうスタイル。
韓国からはるばる来たと思しきおなごが、あまりの興奮に
キャーッ!!てジェリム氏に走り寄って、
あまり何も言えずに握手して、
またキャーッ!!て光の速さで走り去っていったのが、健気で微笑ましかった。
いいファンを持ったわね、ジェリム(誰
私は先輩と行ってたから、まず私が握手して、それを後ろにいる先輩に写真撮ってもらって、その後握手する先輩を私が写メるっていう連携プレーをかましました。私たちも盛り上がって、その間ずっと爆笑してたけど笑

 

f:id:oucalaisponti:20161112011631j:image

 

 

とりあえず歌はすーごく良かったし、値段も8,000円(確か)と、とーっても良心的だったし、終演後に皇居でお花見もできたしで、充実しまくりましたありがとう!
また日本に来ておくれ。

 

以上!