読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮かれポンチ、ハンミュを観る

主に観たハンミュ(韓国ミュージカル)のレビュー置き場。

아마데우스 / Mozart, l'opéra rock で仏ミュのドヤ顔を見る

 

 

★★★★☆

・2016年4月17日(日)ソワレ
・世宗アートセンター
・モジャ:Michelangelo Loconte
  サリ:Laurent Ban
 
 
モジャミュはたくさんありすぎて、すでに「モジャ!」があるから、仏版は韓国では「アマデウス」になるのね。
 
しかしさすがはフランスの一大ミュージカル。衣装もセットも歌もダンスも豪華絢爛。「フランスの総合芸術力を見よっ!!」とどやってるのが聞こえてくる。
 

f:id:oucalaisponti:20161109103502j:plain

 
このシーンのためだけにこんなにたくさん衣装を準備したの⁉︎みたいなシーンもたくさん。ノートルダムとかさぞかし身軽なんだろうな〜客席は6割くらいしか埋まってなかったけど大丈夫なのだろうか、と勝手に心配。
 
でもあれくらいの大劇場で、セットがくるくる次から次へと変わるのは見てて楽しい。客席を使う演出もたくさんあって、前の列や通路側の席に座ってたら、さらに楽しめそう。
 
仏モジャは曲も名曲揃い。事前に二度聞いたくらいだったけど、耳に残る曲が多くて本番も全くアウェイ感はなかった。
モジャがサリに自分の曲を指揮して聞かせる場面で、客席に背を向けたモジャがお尻を振ってお辞儀した時には、観客が想定外の歓声をあげてモジャが一旦、我に返った笑 それでこちらに振り返って「すげーな。カムサハムニダだぜ!」って言って続行してた。笑
 
f:id:oucalaisponti:20161109103355j:plain
 
最後はリフトに吊られて昇天する演出に変わっており(DVD比較)、お前はジーザスかと静かにツッコまずにはいられなかった。
 
アンコールではモジャ謎の土下座。多分東洋の何かを勘違いしている。
アササンフォニーを全員で韓国語で歌うサービス精神は健在。もちろん観客総立ちで大変盛り上がった。
 
モジャ役の俳優は地声と高音をやすやすと行き来して、長年やってる役でà l'aiseなのはよかったけど、慣れ過ぎてるのかかなりアラが目立った。
舞台上で何度もズボンを引き上げてたり、暗闇スポットライトで抜かれてるのにイヤフォン直してたり、あなた主人公よ皆に見られてるのよぉおぉぉ!!って言いたくなることがしばしば。発音はご愛嬌なのかもしれないけどやっぱり気になるし、よく見たらスタイルもめっちゃ悪い…
歌や演技は確かにいい俳優なんだけど、初演のキャスト決めの時に本当にこの人以外いなかったのか?と厳しくも疑問を感じてしまう。まぁ初演の彼を見られるのもこれで最後だろうから今回は良しとしよう。
 
f:id:oucalaisponti:20161109103242j:plain

 

そういえば韓国語版では、現在大注目しているキム・ジュンヒョンがサリエリを演じたらしい。低音セクシーボイスだから似合いそう!もし再演したら見に行きたい。韓国の製作なら、細かいところのツメもちゃんとしてるだろうし笑
 
以上